My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 地球の顔(表情)は一期一会。 | トップページ | 30代ラストの1週間! »

2011年11月23日 (水)

拘りすぎると…。

最近、特に考えること。

議員の職責について。

議会の使命は、大きく2つあって、

地方公共団体の具体的政策を最終的に決定すること。

議会が決定した政策を中心に行う執行機関の行財政の運営や事務処理ないし事業の実施が、

すべて適法・適正に、しかも、公平・効率的に、そして民主的になされているかどうかを

批判し監視すること。

自分の仕事の方向性に迷ったとき、いつも議員必携を読み返すんだけど、

そこにはそう書いてあって、議員の職責の大きさを心に刻む。

政策の最終決定機関で、チェック機関であることは十分に理解しているつもり。

だけど、それだけに拘りすぎると、何か偏ってしまうような気がして。

と言うか、とっても受け身な気がして違和感を感じる。

その前に、町民の福祉向上と地域社会の活力ある発展を目指すなら、

町民に情報を提供し、共に議論し、進むべき道を見いだすことも大事。

また、行政機関に対し、提言のしっぱなしにせず、共に両輪としての役目を果たすことも大事。

そう言う前向きな働きかけと、チェック機関としての役割を並行することが

今、求められる姿なんじゃないかなと思う。

えらそうに聞こえるかもしれないけど、そう言う努力を常に意識してやっていけば、

今よりも前に進めると、私は信じている。

前向きな働きかけには、自らが考え、行動し、切り拓いていく努力と勇気が必要になる。

そして、それは一人で成せるものではなく、仲間あって初めて実現できるもの。

そういう議会になれば…と切に思う。

私自身も、本気で頑張る!

おまけ

きれいごとだけじゃ政治家にはなれない。でも、理想がなければ政治家は務まらない。

議会だよりを発行することも、うちの議会の仕事ならば、

結果報告のみに拘り過ぎない、前向きな気持ちで臨みたいなぁと私は思う。

« 地球の顔(表情)は一期一会。 | トップページ | 30代ラストの1週間! »

議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球の顔(表情)は一期一会。 | トップページ | 30代ラストの1週間! »