My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 残暑お見舞い申し上げます! | トップページ | 真夏の同窓会。 »

2011年8月11日 (木)

5か月・・・。

3.11から、5か月。

それぞれの時の流れ方は異なるから、あっという間だったのか、

途方もなく長かったのか。

いろんなことを考えながら迎えた今日という日。

東北の1日も早い復興を心からお祈りいたします。

話は変わりますが、私、昨日大腸の内視鏡検査を行ってきました。

6月の特定健診の結果、大腸がん検査で引っかかっていたもので、

思い悩むより、きちんと早めに行こうと思ったもので。

結果、異常なし。ということで、こうやってブログにも書けるのだと、

改めて健康であることをありがたいことだと思っています。

何らかの異常があったとしたら、かなり落ち込んでいただろうし、

ポリープが発見されたら検査中に取ってしまうことにしていたので、

そのまま2泊の入院となって、ブログも更新できなかったでしょうから。

今日、改めて何もなくてよかったなぁとホッとすると同時に、検診は大事と思ったとき、

これって、津波から逃げるのと同じじゃないの?と気づきました。

現地に行かなくても、3.11をみんながテレビや新聞などのメディアを通して

疑似体験しているので、今は、

   地震発生→津波発生→高台へ逃げる

という共通認識が自然と出来ているけど、健康も同じこと。

病気にならないために→自分の健康を守るために→自らが予防をすること

この意識が最も大事で、それを実践することが検診の受診で、

生活習慣病やがんの早期発見につながる。

それが、最終的には、医療費の適正化につながったり、高齢化が進んでも

扶助費の抑制につながったりする。

逃げる=命を落とさないように予防する 

検診を受ける=命を落とさないように予防する

つまり、逃げることと、検診を受けることはステージは違えど、最終目標は同じ。

なら、やはり自助努力が一番大切なのです!

気づかずにほっといて気づいたときには、ときすでに遅く、がんの手術を宣告されるより、

早め早めに検診をして、大きな手術をしなくても治療できる範囲に抑える方が、

自分にとっても、家族や職場にとっても、幸せに近いんじゃないかな?と

私は思います。

億劫であったり、時間がとれないと、最初から意識の外に追い出すのではなくて、

(だって、津波の時はそうもいかないでしょ!)

ちょっと勇気を出して、受診されることを、私は皆さんにお勧めします!!

大きな手術より、検査を受ける方が、たぶん、気持ち的にも身体的にも楽だと、

私は思うから。

« 残暑お見舞い申し上げます! | トップページ | 真夏の同窓会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残暑お見舞い申し上げます! | トップページ | 真夏の同窓会。 »