My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« あたしだったら! | トップページ | お客様じゃないよ、私たち。 »

2011年6月 1日 (水)

夢を語ろう!

さぁ、6月!

月の始まりにいつも、自分自身でしたためた「2011年新年の抱負」を読み返す私。

これはOK!、これはまだまだ!と自己評価し、今月の暮らし方を考える。

そのくらいしても、人間は忘れる生き物。

高い目標であればあるほど、忘れたり見失ったりするみたい…

これって私だけ?!

でも、だからこそ思う。

『夢は語るもの』

思ってるだけじゃ、かたちにならない。思いが見えない。

言葉にして初めて、声に出して初めて、そこに魂が宿るんだと思う。

どんどん語ろう!

この世界中、無限大の夢や目標はあっていいんだから。

皆さんの夢は何ですか?

語る場所はありますか?

« あたしだったら! | トップページ | お客様じゃないよ、私たち。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今月過ぎれば2011年も折り返しですね。
ついこの間正月だったのに、はや五月雨時期です。

さて、「夢を語る」と聞いて、ちょっと恥ずかしいんですが自分の結婚披露宴でのお礼の言葉を思い出しました。

「いつも、いつまでも夢を語り合い、また夢を夢で終わらせることなくそれを目標として一歩一歩歩んでいく二人でいることを誓い・・・云々」

今でも夢だけは大きく持っているつもりですが、やはりそこに向かう歩みは一歩一歩であるということを感じています。

生涯の目標を持ち、そのために一年一年の計を立て、またその計に従って時々に振り返りながら道を確認したり修正したり・・・

これって自らの人生を充実させるためにも大切な事だと思いますし、当然ながら町の将来像を考える上でも重要なことだと思います。

一年の計も今月で折り返し、さて私も一旦振り返ってみることにします。

Bigbear@東みよしさん

コメントから、素敵な情景が浮かびました。

新郎の緊張した表情、新婦の光を放つような笑顔heart02

人は誰でも一人では夢を叶えることは出来ない、と私は思います。

人と関わることで夢がふくらみ、その夢を叶えようと努力し、

その努力を積み重ねることによって、夢が叶う。

そして、そのことを自分のことのように喜んでくれる誰かがいる。

だからこそ、人とのつながりって宝物なんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あたしだったら! | トップページ | お客様じゃないよ、私たち。 »