My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« バーチャルも、ありよね! | トップページ | 大丈夫!きっと乗り越えられる! »

2011年4月 4日 (月)

反応する=心が動く

目の前に広がる風景や、ラジオから流れてきた歌、ふとした会話の中で、

自分が一瞬にして反応する時がある。

それも思いがけないくらい、ググ~っと心動く。

そして、誰かが私の言葉や行動に瞬時に反応してくれた時、

アプローチの仕方や表現法は異なるにしても、とても心強く、同志だと感じる。

反応するとは、心が動くことであり、それが行動を伴ったとき、

物事は一歩前に進んでいく。いろいろなことを判断するようになる。

産みの苦しみとはよく言ったもので、生まれてくれば(一瞬でも、動きさえすれば)

物事は、どのようなスピードであれ、動き始める。進み始める。

なぜなら、与えられたものではなく、反応した瞬間に、自らの気持ちが自らを動かすのだから。

「反応しない人」を「鈍感な人」という言葉でくくってしまうのは、語弊があるけれども、

「反応しない人」に相対すると、あまりの次元の違いに驚いてしまう。

と同時に、生きてきた環境によって、こんなにも鈍感でいられるのかと呆れてしまう。

身の回りの様々なことに反応するのは、その人その人の知識や経験値、考えや関心、

日常の中でどれだけアンテナを張り、今の自分に満足せず、常に向上心を持って勉強するか、

そして、感情の豊かな動き、と比例するような気がする。

それらのポイントが高ければ高いほど、瞬時に反応し、一歩前に進もうとする。

自ら動かなくても生きてこられた時代は、とっくの昔に消えている。

生きていくのが大変な時代だからこそ、想いを強くし、反応する人でありたいと、私は思う。

« バーチャルも、ありよね! | トップページ | 大丈夫!きっと乗り越えられる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーチャルも、ありよね! | トップページ | 大丈夫!きっと乗り越えられる! »