My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 海辺アート! | トップページ | 潜在記憶? »

2011年3月 5日 (土)

この町を愛するということ。

自分のふるさと「木岐」の古い写真を見た。

家に帰って、家にある古いアルバムを見たくなった。

お父さんやお母さんの持ってるアルバムも開いてみた。

懐かしい、ゆったりとした時間の流れ。

きっと今ほどモノは豊かではなかったけれども、

みんなが楽しそうに、嬉しそうに笑ってる。

カメラを持つことも、その時代ではハイカラだったんだろうなぁ。

いろいろなポーズをとって笑ってる自分の写真を見ていると、

写真を撮られること自体も楽しく面白いことだったんだろうと思う。

今は、楽しみや喜びや幸せのレベルが上がりすぎているように感じる。

人それぞれそのレベルは違ってていいはずなのに、情報の氾濫で、

環境が違うのに、みんなが同じような幸せを求めようとしている。

そして、それらは与えてくれるものだと大きな勘違いをしている人も多すぎる。

自分は待っているだけで、自ら努力をしようとすることもないのに、

人を羨んだり、誰かのせいにしたり、責任転嫁のオンパレード!

幸せや楽しみや喜びなんて、自分で努力してつかみとるもの。

なぜなら、与えられるだけの人生なんて、そこに、私という人間が生きた証は残らないもの。

私は、いつも幸せをつかみとって生きていきたい。

人が何と言おうが、どう評価しようが、私の幸せを決めるのは私。

そこだけはどんな時も譲りたくない!譲れない!

最近、自分の胸のうちにわだかまってることをはきだすのはこのくらいにして・・・

自分が生まれ、育った町を、本当に愛おしいと思う。

一旦、外に出ていたからこそ、よけい愛おしいと思える。

大事にしたいこの町の現状を考えた時、私に出来ることは何なのか?

外を見ることじゃない!

今、私がすることは、この町の自然を、ここに暮らす人たちの生活を、

彼らが思い描く将来像を、十分に知り、受け入れ、認め、そしてやるべきことを決めること。

地域独特の良さも悪さも十分に知り、継続したい風習や、復活させたい風習や、

新たに興したい風習を、地道に実直につなげていくことだと思う。

他の自治体を羨んだり、国のせいにしたりして、容易に責任転嫁せず、

自分の生きるこの町に大きな大きな愛を注ぐことだと思う。

昨日、「この人となら、何かをやってみたい!」と思える人と意見交換をした。

そこに導いてくれた人も、ふるさとを愛する気持ちにあふれた熱い熱い人。

やっぱり、そういう人たちは、人をひきつけるオーラがある。魅力がある。

そういう出会いをこれからも積み重ねていきたいと、心から思う。

この町の自然を愛し、ここに暮らす人との絆を宝物だと信じ、

地域のこれからを自ら考え行動する、そういう人に私はなりたい。

地域を愛する気持ちを忘れたら、その後の人生ってほんと薄っぺらいよなぁ。

皆さんは、どう思われますか?

« 海辺アート! | トップページ | 潜在記憶? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すばらしいお考えだと思います。と供に生きざまのようなものを感じます。
私は日和佐の住民ですが、この地域が今の自分を作ってくれたのだと思っています。
全ての経験や記憶が今の自分に多かれ少なかれ影響しています。
その地域が元気を無くし、あたかもそれが当然のように日々過ぎて行くことに悲しみ
を覚えます。自己中心的な考えが当然のように正当化され、人の為や地域の為に言動
している人が特異化されているようにも思います。
「権利と義務」のバランスが崩れて「権利」だけが優先されているような気持ちです。
感動が少ない現在ですね!薄っぺらい人生が何が楽しいのか?自分のことより人の為に
行動する人って少ないし、それをしても周りは白い目で診る!
話は変わりますが、貴方のブログを過去にさかのぼって拝見しましたが、個人的内容は
さておき、この地域を真っ正面から診ようとしているのが伺えます。
最近の内容で財政のことや病院のことなど問題意識をもって問いかけているように思い
ます。その辺の程度が低い日々の出来事の日記と言うより喜怒哀楽が有りながらもレベ
ルの高さを感じます。
当然議員という立場からも有るのでしょうが拝見する方も真剣に内容を見入ってしまい
ます。お会いしたことは有りませんが共感を覚えます。
そこで突然ですが提案!
1日住民から(1世帯でもいい)100円徴収してください。それを基に町財政として
ください。住民は真剣になります。計算をすればどれだけの収入があるかは解りますが
町と住民が団結していないのが全ての原因であると私は考えます。毎日100円納める
ことで町施策がこの地域に必要なことであるかそうでないかが住民一人一人が真剣に考
えるし、チェックできます。(法的には無理ですけど)
いずれにしてもこの地域を良くするも悪くするも住民です!!!
少しでも志の高い人脈を発掘しましょう!
長文になりましたが、エールとして受け取ってください。

日和佐住民さん

心、揺さぶられるエール!本当にありがとうございますflair

こんな思いを持っているのは、私一人じゃないんだ!と、勇気が出ます。

私自身、町民の皆さんが元気がないのを肌で感じています。

というのも、初めて議員に選ばれた5年前、ちょっとした出来事でも、

「議員は何をしよんじぇ!もっと仕事せんかい!」と

私だけじゃなく家族までもが言われていました。

だからこそ、そうやって叱咤激励されたり、あるいは家族に悲しい思いをさせたくないという一心で、

これまで、日々頑張ってきたつもりです。

でも、最近そんな声さえも届かない・・・。

町民に元気がないのは、もう期待をしていないのか、何を言うてもアカンと諦めてしまったのか、

それとも、自分たちの日々の生活に精いっぱいで、周りに気を回すゆとりがないのか・・・。

もちろん、怒られたり、理不尽な批判をされるのは私も人間。できれば避けたい。

でも、それでは自分たちが住みたいと思う町はつくれない。住めない町にしてしまう。

たくさんの先人たちが誇りを持って作ってくれたこの町を、このままにしてはいけないと、

真剣に向き合わないといけないと、心の底から思います。

ぜひ、同じ町民としてこの町の明日について、近々場を設けて語り合いましょう!

ブログだけの印象と、本人と対面しての印象が違ったらどうしようと、少し照れcoldsweats01もありますが、

自分のありのままをつづっているので、そのままストレートに受け止めていただいたら

嬉しく思います。

いただいた提案は、どういう方法があるのか、十分に考えてみます。

ありがとうございます。

明日9時から、3月議会開会です。

ぜひ、傍聴にお越しください。

美波町がどのように動こうとしているのか、それは町民にとっていいのか悪いのか、

見えるのではないかと思います。


今統一地方選挙で町は騒がしくなってきていますが、各立候補予定者のリーフレット
などを目にしますが、その内容と支援者の考えのギャップを感じます。
意識が少しずれてます!住民一人一人自分たちが意識を向上しなければならないのが
その予定者がなにかしてくれる感覚で行動しているのではないかと思ってしまいます。
人間もっと視野を広めて客観的にも考えなければ、昔ながらの選挙になってしまいます。
今住民としてなにをすべきか?国民として何をしなければいけないのか?凛とした人生
を男も女も考える状況だと自分なりに考えます。楽しければ良い的な人生も有るでしょ
うが、存在感や達成感などを意識した人生に意義をもってほしいです。
常に切磋琢磨。
失礼しました。

付けたし。
今日国会中継をながら視してました。ネットでも3/4の中継も視ました。
もはや日本人(武士?)を感じません。恥ずかしい限りのリーダーたちでした。
それこそ救国人が必要な時代です。
余り政治的なことに関するコメントはご迷惑ですかねぇ。

いえいえ、コメントいただけるのは大歓迎ですhappy01

私も武士の生きざまに憧れを抱きます。

私も武士になりたい・・・。

最近特に思いますが、政治に対し無関心であることが一番怖いことなのに、

他人事感覚の人が多い。 でも、結局は自分たちの身に降りかかってくる。

そして、何かが降りかかって初めて気づくんだと思います。

だからこそ、議場にも町民の皆さんの目が重要になってくると

日々感じています。


23年度には、議会中継のインターネット配信が可能になります。

私自身も何かが変わると、心から期待しています。

それまで長い長い道のりでしたが、あの当時の議会改革・広報特別委員会の頑張りが

こうして実を結んだと、今、改めて懐かしく思います。

当時は、委員どおし、本当に切磋琢磨していました。

今と何が違うんだろうなぁ・・・sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海辺アート! | トップページ | 潜在記憶? »