My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 頑張ろう!日本!! | トップページ | 難しいと言わない! »

2011年3月19日 (土)

卒業式に思うこと。

この時期、町内の小・中学校の卒業式に出席させていただく機会が多くあり、

そのつど新たな巣立ちに心洗われる私です。

子どもたちにとって、卒業とは大きな期待と不安が入り混じる複雑な心境でいて、

それがありありと伝わってきながらも、ピンと伸ばした背中が強い決意を示している、

そんな感じがします。

今日(昨日)の木岐小学校の卒業式でも、小規模校の素晴らしさをヒシヒシと感じました。

一人ひとりの個性が伸ばされた好循環がなせる空間。

おなかの底から自信に満ちた声で、卒業生を送り出す在校生。

寂しさに堪えながらも、後輩たちに母校への思いを託す卒業生。

そういう場面を目にするたび、どんなに小規模校であってもこれからも続いてほしいと

思わずにはいられなくなります。

どこかでラインを引かなければならないのかもしれませんが、

その線引きは安易には考えてはいけないのだなと感じます。

小規模校では、マンパワーの少なさから出来ないことも多くあるだろうけれど、

それを知恵と工夫、地域との協力で、いい意味での好循環をもたらすことも

可能なのではないかと思います。

それは、過疎の進むわが町でも同じこと。

人がいないから出来ないと諦めるのではなく、少ないからこそこれまでになかった方法、手段を

生み出せる可能性を秘めている。

あくまでもポジティブに、行動力に移すことが重要なのだと思います。

うちの娘も、4月からは高校生。

母としても、新たなスタートです!

« 頑張ろう!日本!! | トップページ | 難しいと言わない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頑張ろう!日本!! | トップページ | 難しいと言わない! »