My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

明日から4月!

平成22年度も今日が最終です。

昨日、「かかし塾高校合格おめでとうツアー」を無事終了し、一年間の課程を修了したような気分です。

毎年、卒業生を送り出すことで、一年ごとの節目を実感できるのはありがたいこと。

改めて、この一年、本当に早かったなぁと思います。

今年度は、改選もあり、娘の高校受検も控えていたため、集中力をコントロールすることに、

普段の年にはないパワーが必要でした。

けれど、それを乗り越えてきた今、娘も私も一歩、歩みを進められたような気がします。

明日、娘と一緒に東日本大震災の義援金を送りに、郵便局に行こうと思います。

2人で、現地の復興を祈りながら・・・。

娘が生まれた1995年は、阪神大震災が起こった年。

そして、娘が中学校を卒業した、その午後に今回の東日本大震災が起こりました。

(昨日のツアーの締めの言葉に、卒業生の皆さんにも伝えたのですが)

皆さんと同い年の子どもたちが、生まれながらにして、あるいは高校入学を目前にして、

さまざまな運命を背負いながら、それでも一生懸命に生きています。

そのことをあなたたちには、いつも心のどこかに意識して思っていてもらいたい。

そして、新たな環境に進むあなたたちには、それぞれの道をしっかりと自分の足で歩き、

誰よりも一生懸命に生きてもらいたい。

お父さんやお母さんや周りの人をいたわれる、そして仲間を大事に思いやれる、

そんな人になってもらいたいと思います・・・と。

子どもたちは、自分の今いる位置の狭い範囲しか把握できません。

だからこそ、過去であったり未来であったり、子どもの意識の行き届かない部分は、

大人が指し示してあげる環境が必要だと、私は思っています。

過保護でもなく、放任でもなく、子どもたちを周りの大人が、もっともっと守り導く環境を

これから作っていけたらなぁと思います。

いよいよ、4月。

新年度の始まりです。

私の議員としての任期も残り約3年。

娘の高校生活と同じです。

共に成長し、3年後を笑顔で迎えられるように、日々真剣に頑張ります!!

2011年3月28日 (月)

フルマラソン完走以来の筋肉痛・・・

昨日、木岐奥次世代会議の春休みイベントを行いました。

今回の企画は、「美波町一高い山、玉厨子山に登ろう~!!」fuji

実は、次世代会議のスタッフは誰ひとりとして登ったことがなく、

たいへんな道だということしか知らない中での、初トレッキングfoot

今振り返れば、ちょっと無謀な挑戦だったのかもしれませんが、

知らなかったからこそ、やり切れたのだと思いますflair

午前8時半から昼食用のおにぎりのご飯を炊き出し開始。

ほんとは炊飯器で炊くつもりだったのですが、防災には経験が何よりも大切!ということで挑戦!!

  0041_2会長のリーダーシップのおかげでほっくほくのご飯がscissors

それを、参加者のおねえさんたちがおにぎりにして、卵焼きとから揚げ、こんこも添えて、お弁当バイキングriceball

0071

それから、山登りの現地まであいのりでGO~!!

山河内側から、てっぺん目指し、登ります。

0121薬王寺の奥の院・・・パワースポットの雰囲気が。

ここでいただいたお弁当は、ほんまに美味しかったです。

そして、この場所までの案内を気持ちよく引き受けてくださったHさん。感謝です!!

ここから、いざ頂上を目指して出発~!!

0181 木に巻いてる赤いテープが道案内。

めちゃめちゃ険しい道もあり、だんだんと無口になるメンバーたち。もちろん、私もsweat01

そして、50分後・・・。山頂に到着~!!

0211_2

不思議なもので、到着した瞬間、疲れも吹っ飛び、「着いたぞ~!!」

何ともいえない体の底から湧いてくる充実感!

何かを成し遂げるということは、形がどうであれ、成長したような気持ちにさせてくれますね。

帰りは、西河内へと続く道を下ってきましたが、緩い坂とはいえ長い長い坂。

ほんまに歩いた~・・・という思い出に残る道のりでした。

今朝、起きて全身筋肉痛!!頭の先まで筋肉痛のような感じcrying

17年前に卒業旅行で「種子島ロケットマラソン」に出場し、

フルを3時間51分で完走した、あの翌日に匹敵するくらいの痛みでした。

何よりも腹筋が痛い・・・、日頃おなかに力を入れて生活していない、気持ちが弛んでる自分を、しっかりと反省しますcoldsweats01

ご協力くださった、すべての皆さんに・・・感謝です!!

2011年3月26日 (土)

直感を信じる。

何かに行きづまったとき、これまでは何とかしようと必死になって理由を考えていた。

出来ない理由、向き合えない理由、やらない理由・・・。

だけど最近、理由なんていらない、ただ直感的に生きていきたいと思うようになった。

自分の直感を信じてみたい!そう、思うようになった。

それこそ理由のない、ただそんな自分でありたいと思っただけ。

でも、それって自分の中ではとても気持ちのいいこと。

理由をこじつけて作り上げるのは、悪い意味での守りの典型。

言い訳にしか聞こえない理由なんて、ないほうがいい。

それよりも、やりたかったから、とか、好きだったから、とか、

おもしろそうだったから、とか、私の出番だと思ったから、とか。

やりたくなかったから、とか、逃げようと思ったから、とか、

今じゃないと思ったから、とか、この相手じゃないと思ったから、とか。

そんな自分の直感を素直に表現したいと思う。

人によく見られようとしても、反応は十人十色。

思いもしない方向に進むことだってあるもん。

だからこそ、どう見られようと自分が納得のいく一本道を歩みたい。

直感を信じて、自分に与えられた時間を大切に大切に生きていきたいと思う。

2011年3月22日 (火)

マニュアルは必要だけど・・・。

東北・太平洋沖大地震から、はや1週間が過ぎた。

被災地の方々の生活は、様々な媒体から情報が伝えられているけれど、本当に大きな国難であり、

今、日本がひとつになって助け合い、支え合うことが大切だと思う。

それと並行して、今、自分の町をしっかりと見つめなおすことも同じくらい大事だと私は思う。

今回の地震から発生した津波は、遠く離れた、この美波町にも影響を及ぼした。

私も近くの高台へ、一時避難はしたけれど、第一波が来て、少ししてから家に戻った。

徳島県内でも、避難所に避難した対象者は、少なかったと新聞でも報道されている。

南海・東南海地震が発生することが予測されていても、やはりまだまだ認識が甘いのだと、

私自身、反省も含めて、また町においても真剣な防災対策の見直しがなされないといけない。

防災マニュアルが作られているとはいえ、それはある意味机上の論理で、いざ今回のような

未曽有の災害が発生した時、俊敏な判断と対処ができるのか不安は大きい。

そして、いざ逃げる時、本当に頼れるのは自分自身のみであり、誰か周りの人や役場に頼るのはそもそも無理なんだと思う。

だからこそ、今何よりも、自分たち一人ひとりの意識の持ちようを変えないといけない。

マニュアル通りも一つの選択として重要かもしれないけど、瞬間の判断ができるくらい経験値を上げておく。

机上ではなく日々の実践を積み重ねながら、逃げて生きぬいた先に、お互いが支え合える町でありたいと思う。

マニュアルも必要だけど、予測不可能な災害ほど、常日頃の隣近所の支え合いが生きてくるのだと思う。

昔ながらの田舎の良さ、絆を、今こそ見直し、深めることが先決だと思う。

2011年3月19日 (土)

難しいと言わない!

言霊ってあるよね…。

いろいろなことにつまずいた時、思いもしない方向に進んでしまった時、

答えを出さなきゃならないのに迷路に入った時…

つい、「難しい…」と口にしてしまう。

最近、その言葉を重ね、そう思い込んでしまってる自分に気づいた。

その瞬間、「難しい」って言葉自体何だか小難しくて、

実際はもっとあっけらかんとしたものかもしれない…と思えた。

物事を難しくしているのは、私自身。

考え方を変えれば、道は開かれるんじゃないかと。

身近なところでも、あえて「難しい」を連発する人を見ると、

口だけだなぁと冷めた視線で見てしまう。

「難しい」と言う前に、まず考えてみる!やってみる!

そんな人間になりたいと思う。

そして、そんな仲間と集いたいと思う。

卒業式に思うこと。

この時期、町内の小・中学校の卒業式に出席させていただく機会が多くあり、

そのつど新たな巣立ちに心洗われる私です。

子どもたちにとって、卒業とは大きな期待と不安が入り混じる複雑な心境でいて、

それがありありと伝わってきながらも、ピンと伸ばした背中が強い決意を示している、

そんな感じがします。

今日(昨日)の木岐小学校の卒業式でも、小規模校の素晴らしさをヒシヒシと感じました。

一人ひとりの個性が伸ばされた好循環がなせる空間。

おなかの底から自信に満ちた声で、卒業生を送り出す在校生。

寂しさに堪えながらも、後輩たちに母校への思いを託す卒業生。

そういう場面を目にするたび、どんなに小規模校であってもこれからも続いてほしいと

思わずにはいられなくなります。

どこかでラインを引かなければならないのかもしれませんが、

その線引きは安易には考えてはいけないのだなと感じます。

小規模校では、マンパワーの少なさから出来ないことも多くあるだろうけれど、

それを知恵と工夫、地域との協力で、いい意味での好循環をもたらすことも

可能なのではないかと思います。

それは、過疎の進むわが町でも同じこと。

人がいないから出来ないと諦めるのではなく、少ないからこそこれまでになかった方法、手段を

生み出せる可能性を秘めている。

あくまでもポジティブに、行動力に移すことが重要なのだと思います。

うちの娘も、4月からは高校生。

母としても、新たなスタートです!

2011年3月15日 (火)

頑張ろう!日本!!

今こそ、みんなが力を合わせて日本を守ろう!

東日本は被災地はもちろん、都市部でも計画停電等が行われ、日常生活が非日常にありつつある。

東京に住む弟からのメールでも、近くのスーパーやコンビニから、カップめんや缶詰が消えて、

ガソリンスタンドも大行列。

そのうちトイレットペーパーの買い込みさえも始まりそうな、非日常が展開している。

当たり前に生活してたのに、電力やモノがなくなることで精神的に追い込まれた気になる。

便利な生活に慣れてしまった脳や体は、すぐに悲鳴をあげるだろうと我が身に置き換えても想像できる。

だからこそ、こんな時だからこそ、西日本が元気にならなきゃならないと思う!

ここはまだ、いつもの日常なんだから。

命あることに感謝し、東日本のみんなを励ますためにも、

笑顔で、元気に、活動する!

笑顔を、元気を、発信する!

経験した人でないと分からないことはたくさんある。

だけど、それを悔やんでも始まらない。

今は、ただ日常の中でしっかりと前を見て生きていくこと。

ブログでもTwitterでも、私の笑顔を、私の元気を発信すれば、

誰かの心を溶かすかもしれない・・・。

そう祈りながら、私は元気を出して笑顔で生きたい。

日本の未来は、今を生きる私たちが作るのだから・・・。

2011年3月13日 (日)

今、私たちにできること。

金曜日に発生した、未曽有の規模の災害。

被災地の皆さまには、心からお見舞いを申し上げます。

被災地のテレビ中継を見ていると、いたたまれない気持ちになります。

もし、南海地震が発生したら私たちも同じだ・・・と恐怖を感じます。

何かせずにはいられないけれど、今は現地に駆けつけるのではなく、

ここにいて、できることから始めたいと思います。

苫小牧市の市議会議員さんから、全国若市議会のMLで、

次の添付データをいただきました。

今後の美波町の対策等にもいかせると思います。

ぜひ、皆さんご一読ください。

「2011.pdf」をダウンロード

2011年3月11日 (金)

わたしのたからもの・・・「ママ」

幼稚園の卒業文集の中に、「わたしのたからものは?」とあった。

お友だちはみんな、くまのぬいぐるみであったり、ハートの首飾りであったり、

モノが多い中で、そこには、すーの幼い字で、「ママ」と書かれていた。

それが私の宝物。

未だに、生きていくのが辛くなった時に思い出す。

それが私の勇気の源。

あれから9年。

今日、快晴のお天気の中、由岐中学校を笑顔いっぱいで卒業した。

元気に成長したなぁと改めて嬉しい嬉しい気持ちでいっぱいになった。

今、あなたの宝物は?と聞いたらどう答えるのか、実は怖くて聞けないけれど(笑)

それでも、心のどこかに 「かぁさん」の文字があったらいいなと思う。

たくさんの先生に支えられ、体力的にも精神的にもたくましく成長した3年間。

あたたかい雰囲気に包まれた卒業式cherryblossom、体育館はものすごく寒かったけれどcoldsweats01

私は、久しぶりに大泣きをした。

家では私が弱るわけにはいかないと、決して泣いたりしないけれど、

人前だからこそ、今日はいいよね!と勝手に自分で決めちゃってhappy01

目がはれるくらい泣いたら、なんだかすっきり晴れやかな気分になりました。

またひとつ、大人の階段をのぼります。

「すーちゃん、卒業おめでとう!

   かぁさんの娘に生まれてきてくれてありがとう!」

030_1_3

 

 

東北・太平洋沿岸地震。

今日、宮城県沖で発生した地震。テレビの映像を見ていると、地震の怖さと津波の恐ろしさに背中が凍る。

美波でも避難勧告が出て、夕方近くの高台に避難することに。

第一波が来て、少ししてから家に戻ってきたけれど、海辺の町。やっぱり津波は怖い・・・。

被災地の皆さんの救助が早急になされますように。

避難場所の確保、食料やトイレや毛布の確保が早急に行われますように。

寒さの残る日本。暗闇は一層不安な気持ちになります。

Twitterでは、タイムラインにさまざまな情報が流れています。

救助の要請や、避難場所の開設、電車の復旧、不安のつぶやきなど、さまざまな情報が流れています。

私にも協力できることがあると思うので、小さなことから始めたいと思います。

 

分析から始めよう!

平成18年9月定例議会。

私は生まれて初めて、議場で一般質問をしました。

あの当時は、一般質問の何たるかも分からない中で、

一生懸命考え、気が遠くなるくらいの緊張の中で、

質問したことを覚えています。

あれから、4年半。振り返ると、あっという間でした。

そして、あの時に当時の町長から教えていただいたこと。

「統計や分析、住民の声。それを自分の味方につけなさい。

それが、何よりもそして誰に対しても説得力を持つから。」

その時には、ほんな言うたって1議員にどれだけの情報が入ってくるん?

私のキャパなんてしれたもの、統計がとれるくらいの情報量ってどんなしたら集まるん???

と、悔しいけれど、大きな大きなハードルを感じたものでした。

今日、あの当時のことを思い出しながら、やっぱり分析力だ!!と痛感しました。

状況分析をきっちりと行えば自然と次の道が開けてくる、そう実感しました。

真剣に情報を集め、分析し、早く町民に知らせられるステージまで上げていかなきゃならないと思います。

この町のことを一番よく知っている行政の皆さんと協力しあいながら、

強い思いを共有しながら、頑張っていきたいと思います。

と共に、情報発信にも、興味津々!!

「ひろこの部屋」なるものを開設しようかと、思考中。

いやいや、これはネーミングが悪いなぁ・・・happy02

町内の人やモノ、自然や交流、さまざまな種類の視点と角度から、

この町の今を発信したいと考えています。

ある程度かたまったら、お知らせします!

ぜひ、皆さんもご協力お願いしますねmovie

2011年3月10日 (木)

誓い。

理想や夢が語れる人でないと、新たな行動にはつながらない。

理想や夢がなければ、現実的判断にもつながらない。

理想を追い求め、夢を目標に変え、ひとつひとつ達成していきたいと思う。

支えてくれる人に、勇気を与えてくれるモノに、

感謝の気持ちを忘れずに。

私らしく、笑顔を忘れず、元気よく!!

2011年3月 8日 (火)

潜在記憶?

ちょっと前から何か忘れてる気がしてたんだけど、

それが何かも思い出せなくて、もやもやと・・・。

けど、思い出せないし、まぁいいか!と思いながら、

過ごしていました。

今朝は、まず、すーのお弁当riceball

で、その後もやることやって、日和佐から高規格を戻ってる途中・・・、

「あぁ~!!」 すれ違った車で、思い出したflair

少年を非行から守る母の会の研修、言われてた!!

たぶん・・・、そうだ!8日だったpaper

そのすれ違った車の主は、その団体の由岐の会長さんで、

その車を見た瞬間に、記憶がつながったflair

案内をもらってから少し経ってたけど、議会の合間だったことは

記憶に残ってたし・・・

それにしても、人間の記憶って面白い。

それに、偶然ってすごい!

高規格ですれ違わなければ、あったことさえ、忘れてたもんcoldsweats01

これも、私の持ってる運かなぁclub

2011年3月 5日 (土)

この町を愛するということ。

自分のふるさと「木岐」の古い写真を見た。

家に帰って、家にある古いアルバムを見たくなった。

お父さんやお母さんの持ってるアルバムも開いてみた。

懐かしい、ゆったりとした時間の流れ。

きっと今ほどモノは豊かではなかったけれども、

みんなが楽しそうに、嬉しそうに笑ってる。

カメラを持つことも、その時代ではハイカラだったんだろうなぁ。

いろいろなポーズをとって笑ってる自分の写真を見ていると、

写真を撮られること自体も楽しく面白いことだったんだろうと思う。

今は、楽しみや喜びや幸せのレベルが上がりすぎているように感じる。

人それぞれそのレベルは違ってていいはずなのに、情報の氾濫で、

環境が違うのに、みんなが同じような幸せを求めようとしている。

そして、それらは与えてくれるものだと大きな勘違いをしている人も多すぎる。

自分は待っているだけで、自ら努力をしようとすることもないのに、

人を羨んだり、誰かのせいにしたり、責任転嫁のオンパレード!

幸せや楽しみや喜びなんて、自分で努力してつかみとるもの。

なぜなら、与えられるだけの人生なんて、そこに、私という人間が生きた証は残らないもの。

私は、いつも幸せをつかみとって生きていきたい。

人が何と言おうが、どう評価しようが、私の幸せを決めるのは私。

そこだけはどんな時も譲りたくない!譲れない!

最近、自分の胸のうちにわだかまってることをはきだすのはこのくらいにして・・・

自分が生まれ、育った町を、本当に愛おしいと思う。

一旦、外に出ていたからこそ、よけい愛おしいと思える。

大事にしたいこの町の現状を考えた時、私に出来ることは何なのか?

外を見ることじゃない!

今、私がすることは、この町の自然を、ここに暮らす人たちの生活を、

彼らが思い描く将来像を、十分に知り、受け入れ、認め、そしてやるべきことを決めること。

地域独特の良さも悪さも十分に知り、継続したい風習や、復活させたい風習や、

新たに興したい風習を、地道に実直につなげていくことだと思う。

他の自治体を羨んだり、国のせいにしたりして、容易に責任転嫁せず、

自分の生きるこの町に大きな大きな愛を注ぐことだと思う。

昨日、「この人となら、何かをやってみたい!」と思える人と意見交換をした。

そこに導いてくれた人も、ふるさとを愛する気持ちにあふれた熱い熱い人。

やっぱり、そういう人たちは、人をひきつけるオーラがある。魅力がある。

そういう出会いをこれからも積み重ねていきたいと、心から思う。

この町の自然を愛し、ここに暮らす人との絆を宝物だと信じ、

地域のこれからを自ら考え行動する、そういう人に私はなりたい。

地域を愛する気持ちを忘れたら、その後の人生ってほんと薄っぺらいよなぁ。

皆さんは、どう思われますか?

海辺アート!

午前中、港まわりの掃除に行ってきました。

昨年の第一回の掃除は、大変な作業でしたが、

その後、皆さんの心がけ、協力のおかげで保たれていたようです。

私のうちは海からは少し離れているので、久しぶりに港にいきましたが、

本当に見違えるほどの港になっていました。

私は、当日の作業のお手伝いくらいしかできませんが、

今日の作業も、本当にスムーズなものでした。

関係者の皆さん、ありがとうございました。

掃除の後、とっても可愛い海辺アートを見つけました。

Yadohana

浮き?の上に、貝殻を乗せ、そこに「冬しらず」の鮮やかなオレンジ色。

今朝は寒かったけれど、ぽかぽかと暖かくなってきたお昼間の、

心をホッとさせてくれる風景でした。

久しぶりに呼吸した気分!

私にない感覚や視点をもってる、尊敬してる女性とお昼ごはんを一緒に。

ある程度、私の状況も知ってくれてる人だから、前置きもほどほどにおしゃべりに花が咲きcherryblossom

あっという間の2時間。

帰りがけ、心の中にス~っと爽やかな風が。

そう・・・、日々モヤモヤとしていたものがス~っと溶けた感じ。

心が、久しぶりに深呼吸した感じ。

私の思いつかない表現や、普段感じることのない世界を

いつも会話の中で、情景をイメージさせてくれ、知らせてくれる。

キャパの大きさか、思いの強さか、環境によるものか、

そんなことさえ、気にすることじゃないって思わせてくれる。

いろんな意味で、いつも刺激を受ける素敵な方です。

また、お出かけしましょうねdog

2011年3月 3日 (木)

や~っと、目標体重に!

昨日、ようやく目標体重に到達!!

なかなか動かなかった重たいお尻をあげて、何かに集中し始めたら

スルスルスル~って減っていった。

一年半前もそうだったなぁ~。

自分が勝手に作ってしまってた殻を破って、勇気を出して自分のやりたい方向を目指したら、

即3キロ痩せた。

これって、本当に不思議な現象。

言い換えれば、私ってたぶん「一途にのめり込むタイプ」なんだと思う。

知識欲というか経験欲というか、目指す道が決まったら何が何でも猪突猛進!!

それまで私の大部分を占めていた睡眠欲や食欲が、あっという間に離れていく。

トコトン集中し、ますます面白くなって、頭が回転し、どんどん何かがわいてくる。

そんな循環を味わえるって、素晴らしく楽しい。

そのうえ、体重も減って得した気分happy01

たぶん、これはきっと、春の暖かさに気持ちが前を向いたのよcherryblossom

ただね・・・、ちょっと痩せても脂肪は筋肉に変えないと美しくないから、今日からはストレッチも倍にして並行で。

おなかはカニcancerのように割れなくてもいいけど、美しいと思えるプロポーションを新たな目標にしよう。

かっこいい大人の女を目指して、もっともっと自分を磨こう!!

2011年3月 2日 (水)

あっ!今回は、発言できない・・・。

昨日の議運の時に、7日開会の3月議会の議案綴をいただきました。

今回は、いつもより早くもらえたので、とてもありがたいです。

開会までに、しっかりと予習が出来ます!

理事者側も努力してくれていることを実感し、こうやって、理事者も議会も

この町の課題をしっかりと共通認識しながら、頑張っていけたらなぁと思います。

復習、大好き!の私ですが、実は予習も好きなんです。

物事に対して、知らないとモノ言えないし、言葉に説得力を持たせるには、やはり情報量。

まして、議場では、知識も経験も一番劣る若造であり、(か弱いvirgo)女性の私。

経験不足を補い、ヒステリックにならずに冷静に議論するには、

知識武装+自信を持って発言すること、が重要だと思っています。

・・・まぁ、時には感情を爆発させる場面もあっていいと思っていますがpunch

だから、情報は無限大にほしいと思うし、十分に噛み砕いて自分のものとして持っておきたい。

上っ面だけの情報や知識は、無意味な混乱を招くだけだから。

ほんまに「考える」ことが好きな、私の脳細胞。

もちろん、経験が知識に勝ることも身に染みて知ってるから、

机上の空論にならないように、町を歩く、現場に出る(まだまだ、足りんけどsweat01

・・・で、話し戻して、議案綴1ページ1ページくまなく予習をしながら、

ここも聞きたい!あれも聞かなきゃ!とどんどんテンションが上がってたのに、

フッと、「あっ!文教厚生委員会に付託される分は、私発言できない・・・。」

今回は、委員長だから委員会の議事進行役。

だから、議論の整理はしても、発言は出来ないんだったcoldsweats01

これは、委員会までに委員さんに、質疑してもらいたいことを列記して、

しっかりとお願いしておかなきゃ!

いろいろな経験を積むことで、立場立場の事情が分かるはず。

議事進行役の難しさ、楽しさも味わいたいと思うし、実りある、結果につながる委員会に

したいと心から思っています。

2011年3月 1日 (火)

今日は、議会運営委員会でした。

議論するステージ(話し合いの場)を作ることって、そんなに難しいことじゃないと思うんだけど、

なぜか、感情がぶつかりあう・・・。

そういう状況に居合わせると、いつも思う。

一歩引いて、相手との距離をとったらいいのに・・・って。

理事者も議員も目指す先は同じだと思うんだけどなぁ。

同じベクトルで、町民の目線を基本にして取り組んでいけば、

もっと、出来ること、今やらなきゃいけないことが見えてくると思うんだけどなぁ?

10年ひと昔はもうとっくの前の話。

今は、たった1年でも変わってることっていっぱいあると思う。

皆さんも、1年前と今を比較して、どうですか?

なんら変わってないよ!って言えますか?

~お知らせ~

美波町議会3月定例会

 7日 開会

 10日 一般質問 私は通告1番です。

 11日 午後 病院事業改革特別委員会

 14日 総務産業建設常任委員会

 15日 文教厚生常任委員会

 16日 審議

皆さんの視線が、思いが、町を変えることもおおいにあります。

ぜひ、傍聴にお越しください!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »