My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「議員必携」 | トップページ | 人って、ぬくいのね。 »

2010年12月10日 (金)

向こう三軒両隣。

平成7年1月17日・・・阪神・淡路大震災が起こった日です。

すーが生まれたのは、平成7年10月なので、すーの成長とともに月日の流れを感じます。

震災は忘れたころにやってくる!とよく言われますが、決して忘れてはならないことだと思います。

以前、聞いた講演の中で、この大震災により約24万戸の住宅が全半壊した被災地では、

数万人が生き埋めとなったようです。

早急な救助が必要ではあったけれども、自衛隊や消防・警察などの救助隊によって救出された人は、約2%。

残りの98%は被災者自らが助け出していたという衝撃的な事実を知りました。

助け出せた要因のひとつとして、「近所の一人暮らしの高齢者の寝ている場所を知っていたから、

場所がすぐに特定でき、無駄な捜索がいらなかった」ことが挙げられていました。

確かに、今の世の中、都会では「隣は誰が住む人ぞ」の世界かもしれません。

けれど、田舎ではまだまだ「向こう三軒両隣」の世界が残っていると思いたい。

過干渉をおそれ、嫌がり、ご近所さんとの付き合いを負にとらえるよりも、

多少ぶつかることはあっても、人と人との絆を大切にすることが、

いざ!という時の強い味方になってくれるものと、今改めて感じます。

それも、ひとつの地域自慢、地域の魅力になるのではないでしょうか?

« 「議員必携」 | トップページ | 人って、ぬくいのね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「議員必携」 | トップページ | 人って、ぬくいのね。 »