My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« おこしなして。 | トップページ | 迎えた夜は・・・。 »

2010年8月12日 (木)

暑中見舞いが、残暑見舞いに。

6月の半ば過ぎに買っておいた「暑中見舞いはがき」

やっと今日、いろんなことが一段落して、積みに積んだサイドボードの資料の片づけを始めた。

で、見つけた!

ハードな毎日のため、サイドボードの奥深く眠ってしまっていたらしい。

手紙魔の私。

以前はよく手紙を書いていたなぁ・・・。

ポケベルも、パソコンも、携帯も持っていなかった、ふた昔前。

最近は、メールで、ほとんどの用が成り立つから、すっかり忘れかけてたけど。

手紙って書くほうも、もらうほうも、きっと嬉しい気持ちを共有できるものだと思う。

相手のことを思いながら、書く手紙は、ぬくもりもそっと添えられる。

字の表情から、様子が読みとれることだってある。

言葉の表現の仕方から、状況が読みとれることもある。

書きあがったあと、読み返し、なぜか納得がいかず、書きなおすことだってある。

それだけ、心や手のぬくもりが伝えられる。

メールは、即消去して、即打ち直せる。便利なモノだとは思う。

また、送ったメールも、もらったメールも、即削除できる。

手紙や葉書きの捨てられなさとは大違い。

でも、何だか、希薄さを感じるのは私だけなんだろうか。

手紙は、やっぱり、時間の流れを緩やかにしてくれるもの。

そして、思いをのせて伝えてくれるもの。

« おこしなして。 | トップページ | 迎えた夜は・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おこしなして。 | トップページ | 迎えた夜は・・・。 »