My twitter

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 人として、譲れないもの・・・。 | トップページ | 塀、直ったんじょ! »

2010年6月29日 (火)

ひとりの親として・・・。

小さいころからの夢。

保母さん、小学校の先生、歌手、薬剤師etc・・・

これって、きっと自分でなんとなく知ってる職業なんだと思う。

なんとなく分かってるから、関心があって、

なんとなく関心があるから、憧れや興味がわくんだと思う。

全然、言葉さえ知らない業種に、まず夢は抱かない。

なら、視野は広いほうがいい。対象をいっぱい知ってるほうがいい。

すー(娘)の同級生が、通訳になりたいという夢をもってることを

文集で知って、ドキッとしたことがある。

そんな職業があることを知ってる彼女はすごい!

いい環境にいるんだなぁ・・・そして、家族の愛情を感じた。

いろいろな知識を身につけさせること、

そしていろいろな世界があるということを

経験を持って、気づかせること。

ひとりの親として、そんな教育がしたい。

« 人として、譲れないもの・・・。 | トップページ | 塀、直ったんじょ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小さい時の夢、大事だと思います
私は夢も希望も持たずじまいでした
なぜかと言えば、親から農家の跡取りとしての教育を受けたものですから農業学校上がったら百姓を継ぐよにと常に言われておりました 結局そのようになりましたが
ある程度家業による夢の違いをしみじみと感じている昨今です
夢は大きく...!

親から子へ、引き継がれる想いは
いつの時代もあるのではないでしょうか。

環境はそれぞれ違っても、夢へ向かうスタートやスピードは違っても、
夢が、それぞれの人生を豊かにしてくれるんだと私は思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人として、譲れないもの・・・。 | トップページ | 塀、直ったんじょ! »